Skip to content

無理をして正座をしないでいい

私のお葬式での思い出は、必ず正座が関わってきます。
というのも、私は正座自体が苦手で、足も太いせいか、すぐに足がしびれてしまうのです。
ですので、葬式の際には必ず正座をするのが嫌だ、という気持ちが前面に押し出て、亡くなった方のことを殆ど気にしない、終わってからでも足がしびれた、という感想しかないくらいに、正座に囚われてしまうのです。

特に、高校時代の母方の祖父が亡くなった際のお葬式は非常に辛いことがありました。
当時、葬式は小学生の頃以来のことで、自分自身もそろそろ大人の仲間入りだから、正座の一つや二つ、平然とした顔でこなさなければならない、という訳のわからない使命感に燃えていました。
ほんの一時間もかかりませんし、昔なら長時間だと思っていましたけれど、高校生ともなれば一時間なんかあっという間だと思っていました。ですが、結果から言えば、かなりしんどかったです。開始10分くらいからもうすでに足がしびれ始め、それからほんのわずかな時間で、足の感覚が全くなくなりました。正座をしすぎると、足の感覚が無くなるんだ、とその時初めて知りました。
それからはすぐに足を崩して、楽な姿勢を取りましたが、その時の敗北感と、何よりも足を崩してからの方が、足のしびれは増してしまうもので、それから足のしびれが引くまではずっともだえ苦しんでいました。

現状の人生では、それが最後のお葬式でしたが、もう、足がしびれて辛かったと言うことと、今後は最初から正座はせずに、足を崩した状態で葬式には参加した方がいいことを知っただけでした。
葬式はただでさえ、いい思い出がないのですが、正座のせいでそれに輪を掛けて嫌な思い出ができてしまいました。
その時で良かったことと言えば、家族葬でこじんまりとした葬式でしたので、家族以外にはそのような姿を見られなかったことと、祖父母が飼っていた猫が、葬式中にずっと私の傍にいて、ずっと撫でていたことくらいです。

葬式中は、無理をして正座をしなくてもいいので、辛いなら即効で足を崩した方がいいでしょうね。
あと、膝丈くらいのフォーマルスーツだと女性は少し足がくずしにくいですので次に礼服・喪服を購入する時にはパンツタイプかスカートの丈が長いものにしようと考えています。
大きいサイズ・サイズもデザインも豊富なブラックフォーマルを見つけるなら・・・・ブラックフォーマルレディース
アウトレットもあってお得に安いものも手に入るかも~

Post a Comment

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *
" "