Skip to content

無理をして正座をしないでいい

私のお葬式での思い出は、必ず正座が関わってきます。
というのも、私は正座自体が苦手で、足も太いせいか、すぐに足がしびれてしまうのです。
ですので、葬式の際には必ず正座をするのが嫌だ、という気持ちが前面に押し出て、亡くなった方のことを殆ど気にしない、終わってからでも足がしびれた、という感想しかないくらいに、正座に囚われてしまうのです。

特に、高校時代の母方の祖父が亡くなった際のお葬式は非常に辛いことがありました。
当時、葬式は小学生の頃以来のことで、自分自身もそろそろ大人の仲間入りだから、正座の一つや二つ、平然とした顔でこなさなければならない、という訳のわからない使命感に燃えていました。
ほんの一時間もかかりませんし、昔なら長時間だと思っていましたけれど、高校生ともなれば一時間なんかあっという間だと思っていました。ですが、結果から言えば、かなりしんどかったです。開始10分くらいからもうすでに足がしびれ始め、それからほんのわずかな時間で、足の感覚が全くなくなりました。正座をしすぎると、足の感覚が無くなるんだ、とその時初めて知りました。
それからはすぐに足を崩して、楽な姿勢を取りましたが、その時の敗北感と、何よりも足を崩してからの方が、足のしびれは増してしまうもので、それから足のしびれが引くまではずっともだえ苦しんでいました。

現状の人生では、それが最後のお葬式でしたが、もう、足がしびれて辛かったと言うことと、今後は最初から正座はせずに、足を崩した状態で葬式には参加した方がいいことを知っただけでした。
葬式はただでさえ、いい思い出がないのですが、正座のせいでそれに輪を掛けて嫌な思い出ができてしまいました。
その時で良かったことと言えば、家族葬でこじんまりとした葬式でしたので、家族以外にはそのような姿を見られなかったことと、祖父母が飼っていた猫が、葬式中にずっと私の傍にいて、ずっと撫でていたことくらいです。

葬式中は、無理をして正座をしなくてもいいので、辛いなら即効で足を崩した方がいいでしょうね。
あと、膝丈くらいのフォーマルスーツだと女性は少し足がくずしにくいですので次に礼服・喪服を購入する時にはパンツタイプかスカートの丈が長いものにしようと考えています。
大きいサイズ・サイズもデザインも豊富なブラックフォーマルを見つけるなら・・・・ブラックフォーマルレディース
アウトレットもあってお得に安いものも手に入るかも~

子供の為に教育費を充実させたい

私の夫の収入は決して少なくはないと思うのですが、満足しているわけでもありません。
私のスペックは専業主婦で子供が小学生一人と幼児が一人います。
子供が一人だけなら、主人の収入でも充分とはいかないけど、それなりに生活出来るとは思っています。
しかし、二人となると、今の主人の収入にはいささか満足は出来ていません。今までに一度だけキャッシングを利用したこともありましたから・・・

そのことがあってからは節約節約の日々で最近やっと夫のお給料も少し上がり、キャッシングを利用しないといけない暮らしからは脱出できたものの・・・
お給料は多いに越した事はありませんが、最低でもあと6万以上プラスされれば生活も潤うのにな、と思います。
その6万が無いが為に、私も今は専業主婦で暮らさせてもらっていますが、そろそろ補てん分だけでもパートに出なければならないなと思っています。
6万円あれば、住宅ローンの足しになりますし、子供の教育費も充実出来ます。
お金が足りないが為に、充分な教育を施せてあげれないのはやはり、子供にとってかわいそうにも思います。子供がやりたい、という習い事をずっと継続させてやる為にもやはり、ある程度のお金は必要です。
今は、習い事もかなり厳選して習わせていますが、もう少しお給料がアップ出来たら英会話もさせてあげれるのにと思います。
今、小学生で英語が得意な事そうでない子と2極化が進んでいると思います。
小学生で苦手にさせてしまったら、この先もずっと苦手意識が付きまとうと思うので、そうならない為にもお金に余裕が生まれたら是非させたい習い事です。
あと、子供の不透明な将来の為にも少しでも貯金を残してやりたいと考えているので、貯金もしたいと思っています。

今一番欲しいものは家

今一番欲しいものは家です。 幼稚園のお友だち同士でみんなで遊んだりするのですが私の家はどうしても呼びにくいからです。

飲食店を経営していて店舗と兼用になっており寝るだけの部屋にはよびにくいからです。 お友だちの家をあそびにいったりするうちに自分の家もほしいなとおもうようになりました。

今まではもっていてもしかたないし賃貸でいいとおもっていましたがやはりみんなを招待したり自由に遊んだりしたいなと思うようになったのです。

値段は、2千万円くらいはしそうです。 住む場所にもよると思いますが素敵な家が欲しいです。

子供のためにもいいとおもいます。 部屋がなくおもちゃも詰め込んでいるだけなので自分の部屋を与えて綺麗に整理して子供部屋を作ってあげたいです。

店舗を兼ねてもいいのでもう少し考えられた設計で二世帯住宅のような感じでお店と家を上手く分けたいです。

家は見栄の買い物でもあると思っていましたが色々な人とつきあいだし大切な場でもあるなと考えるようになったので余計にほしいとおもいました。

一生に1回買えるか買えないかの判断になると思いますが今一番欲しいものはと聞かれるとその答えを導きだしてしまいます。

他にも色々ほしいものがありますが今一番強い重いというのは家です。 今、住宅展示会などにも興味が出てきているのでみにいってみたいです。

習い事教室や幼稚園の帰りなどにも家によってくださいと招待できるようになりたいという理由も正当なものだとおもっています。

いつも最近建てたいい家で過ごさせてもらっているので私も招待する側になりたいとおもったからです。

でも、現在ですらお金を借りているぐらいなので家なんて夢のまた夢ですけどね。

リハビリに使いたい

物を買うなどもいいのですが、10万円だとものすごい高価なものは買えません。
なかなか普段お金を回せないことと考えると、自分はこのお金で「膣内射精障害」の改善に使いたいと思います。
膣内射精障害は日本人特有の症状のようで、近年増加しているようです。
自分もその一人だということに最近気付きました。
自慰行為を間違ったやり方でしていたため、女性との性交渉の際に刺激が足りなく感じるようになってしまい、自慰ではイケるけど女性相手ではイケないという症状です。
男性の不感症とも呼べると思います。
実際、付き合っている彼女にも負担を与え、泣かれてしまったこともあります。
自分のせいだと思い、女性側が傷つくことになってしまうのです。
交際関係維持にも支障をきたしますし、誰かに話したりもしにくいので、結構つらいです。
この症状の改善に必要なことは、とにかく弱い刺激になれることだそうです。
医師に相談すると薬を渡されるようですが、これは一時的なもので、根本的な解決にはならないといわれています。
自慰の方法を変えるというのが一つの手段で、これは実践しています。
しかし、もっともいいのは単純に経験を積むことだそうです。
なので、このお金で浮気をしたいというのではなく、プロに何度か相手をしてもらいたいのです。
その場限りの割りきった関係ですし、プロでダメなら当然素人ではまだまだ無理、という判断もできます。
少ない給料の中で治療のためにそこにお金を注ぎ込むというのは、現実的になかなか難しいです。一時期そこにかけていて通ってもみましたが、数回でその月のお小遣い分を使ってしまったんです。結構高いですね。その月生活ができなくなってしまって、消費者金融からお金を借りて生活をすることになってしまいました。両親や職場にばれないように内緒で借りました。
決して良いことや褒められることではないのはわかっていますが、今の自分にはこれが最も切実な願いであり、使い道です。

アパレル関係の仕事

私は、ある、タレントさんのファンで、、その人が着ている、服と、おなじふくが、欲しいくて、たまりません。

それで、デパートのインターナショナルブティック街を、1店1店、ブログの写真を印刷して、これ、ここのですか?と、しらみつぶしに刑事のように、聞き込みしました。

それで、わかりました。でも、日本のサイズは、小さくて、海外のショップを探しまくりました。国際電話です。片言の英語と、品番を頼りに。そうしたら、電話代だけで月5万円来る様になりました 。

お母さんの年金で、生活しているので、余裕はありません。とりあえず、年金の支給日まで、3日間待ってくださいと、お願いしました。そうしたら、今回だけですよ。と言われて、待ってもらえました。

お金がはいり、すぐに、コンビニで、支払いに行きました。

それでも、まだ、海外のブランドの服を、着てくる、タレントさんに憧れて、今度は、デパートに電話して、タレントさんの、ブログの日付を言って、捜してもらいました。

するとと、20分くらいで、見つかったとのこと。また、大きいサイズ捜しに夜な夜な国際電話です。

年金が支給されたら、きちんと払うので、携帯とまっても、3日くらいいいや。と思い自転車操業が続いています。

さすがにこんな生活を続けていくのはよくないと思い、仕事に出ようと思っています。

でも、何の取り柄もない私に何の仕事が出来るのか・・・。

凄く悩んだ挙句にでた答えが、アパレル関係の仕事です。

そもそもは、服が好きでこのような状況になってのが原因。それならば、一番興味のあるアパレル関係の仕事に就くのが一番ですよね。

とりあえず、いきなり社員からというのも難しいので、アパレルのアルバイトを探しています。

探してみたら、いくつかきゅじんが出ていたんですが、あまり好きなブランドじゃない。。。そんなのを選んでいる場合ではないんですが、どうせ働くなら、ちょっとでも好きなブランド店の方がいいですからね。

好きなブランドの求人があったらすぐにバイトの申込みをしようと思ってます。

 

学生生活でお金に困る

大学生に進学をしましたが、学費や生活費などは親に出してもらっていました。しかし、私の家は裕福ではなく、大学費用を支払うのはとても大変だったようです。その事を私自身も知っていたので、学費や最低限の生活費以外はもらわないようにしていました。大学生は学業をすることが一番の目的ですが、友達との交際費や娯楽費用を使うことがあります。一度しか無い学生生活を楽しいものとするためには、遊びもある程度したいものです。お金がないので、アルバイトをしていました。学業もあって大変でしたが、お金に困っていたので週に5日ぐらいのペースで、夕方からの仕事をしていました。アルバイトをしていたこともあり、自由な時間はあまり持てませんでしたが、休日の日などはそれなりに楽しむことができました。

ただ、どうしてもお金がないときは学生でも借りれるキャッシングを利用して、お金を借りてやりくりしていましたけどね。※キャッシング学生

借りないとどうにもこうにもならないことがいろいろありましたから。遊び代も必要ですし、学費も必要ですから。

こんなこと親には絶対に言えないけど、裕福な家の子たちがうらやましかったですね。

結婚して変わりました。

結婚してからお洒落に対する感覚が変わってきました。

というのも、やはり家族を持つことによって、大人っぽいしっかりとした格好をしないといけないなと思うようになりました。

正直、結婚前は服装なんて全く気にしていなかったんですが、結婚後は周りの目もあるし、嫁の為にもある程度ちゃんとした格好をしておいた方がいいですからね。

もう30代ですしね。最近はあまり着なれないですが、普段からジャケットなんかも着るようにしていますよ。

 

" "